ハンドスピナーの誕生に隠された感動秘話!?ある偉大な女性発明家の話

スポンサーリンク

ハンドスピナーの誕生に隠された感動秘話!?ある偉大な女性発明家の話

最近様々なメディアを賑わわせているハンドスピナーですが、一体それはどのようにして誕生したのか、皆さんは知っていますか?

過去記事の最後でも少し触れましたが、今回はもう少し深掘りしていきたいと思います。

ハンドスピナー誕生の歴史

今話題の新感覚オモチャ「ハンドスピナー(英名:fidget spinner)」の発明者であるキャサリン・ヘッティンガーさんは、彼女が生み出した、世界的ヒット作の恩恵を、受け取ることが出来ない状態であることがわかった。米・フロリダを拠点に活動しているヘッティンガーさんは

上記の記事によれば、フロリダ在住のキャサリン・ヘッティンガーさんが、自分の七歳の娘を楽しませるためにハンドスピナーを発明したと紹介されています。

発明した年は、何と1997年。なんと今から20年も前だったんですね。

確かにハンドスピナーは、子供に対して非常に反応が良く、おもちゃ用としても、また発達障害や集中力を養うためにも良いという話があります。子供向けに発明されたというのも納得できる話ですね。

その後、2005年に特許を更新するタイミングになりましたが、特許が更新できずに権利が切れてしまうことになりました。

ハンドスピナーを発明した女性はその恩恵をうけることはできなかった

Florida-based creator Catherine Hettinger couldn’t afford the patent on the ubiquitous playground toy but insists she’s ‘pleased’ about its sudden popularity

こちらが原文記事ですが、ハンドスピナーを発明したキャサリン・ヘッティンガーさんは、金銭難によりその発明の恩恵を受けられなかったと報じられています。

特許更新のための400ドルを支払うことができず、その結果特許が切れて大手がハンドスピナーの生産に乗り出してきた……というのが、ハンドスピナーが爆発的に普及した理由のようですね。

おかげで、こうして私たちは気軽にハンドスピナーを手に入れられるようになったわけですが、それに対して最も貢献した発明家が、その恩恵を受けられなかったというのは、何とも皮肉な話です……。

まとめ

というわけで、ハンドスピナーの誕生の歴史を知ることはできたでしょうか?ハンドスピナー誕生には、少しだけ優しい話と切ない話が混ざっていることが分かりました。

しかし、発明者であるキャサリン・ヘッティンガーさんはこのように語っています。

最後に、彼女がメディアの取材に対して語った言葉を引用して締めることにしましょう。

”発明家っていうのはね…挑戦し続けるものなのよ…全ての発明のなかで、利益を少しでも出してくれるものは、3%くらいしかない。他の発明家達は、家を抵当に入れたり、色々なものを切り売りしているわ…色んな人に迷惑をかけながら、発明を続けているのよ…とてもつらいことね…”

私たちは、このような発明家たちのおかげで、こうしてハンドスピナーを楽しむことができるんですね。

偉大な発明家に栄光あれ。

ハンドスピナーの誕生に隠された感動秘話!?ある偉大な女性発明家の話
この記事をお届けした
Hand Spinner Tricksの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
今話題のニンテンドースイッチ最新情報はこちらから!
ニンテンドースイッチ(NintendoSwitch)をはじめ、「Nintendo Labo」など任天堂製品のニュースまとめサイトです。 また、スイッチ向けのインディーズ(Nindies)情報や「海外eShop」の情報も多めに、速報としてご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加