Bluetoothスピーカーのハンドスピナーも登場!?使用には気をつけよう!

スポンサーリンク

Bluetoothスピーカー付きハンドスピナーも登場!?でも気をつけないと使っただけで違法になるかも

現在ハンドスピナーの種類は多種多様で、最近ではとてつもない数のハンドスピナーが作られるようになってきました。

そんな中、「Bluetoothスピーカー付き」のハンドスピナーも登場してきたようで、ハンドスピナーにBluetoothスピーカーまで付けてくるとは、変化球過ぎて最早なんでもありの状態ですね。

実際に、当メディアでもどのようなハンドスピナーなのか非常に興味があるので試したいと考えていたのですが、日本ではこのハンドスピナーを使うと法律違反になる可能性もあります。それは一体何故なのでしょうか……?

ハンドスピナーBluetooth

Bluetoothスピーカー付きのハンドスピナーは電波法に気をつけなければならない

まずはじめに、世の中には目に見えない「電波」が多数飛び交っています。

  • 携帯電話
  • テレビ
  • ラジオ
  • Wi-Fi
  • Bluetooth

これらの物を始め、それ以外にも数多くの電波を使った製品は存在します。街では、警察やタクシーなども無線の電波を使っており、電波の中にも色々な周波数が存在するため、各電波が混線しないように交通整理をする必要があります。

それを日本では「電波法」という法律で定め、この法律に従ったルールに則って電波を使用するということに決まっています。

ルールを守っている証明としての技適マーク

一般的に、メーカーなどは電波を発する製品を専門の検査機関にて検査し、電波法のルールに則っているかを調べます。これに合格する事により、晴れて日本でもその製品を使っていいという証明の「技適マーク」(技術基準適合証明等のマーク)を付与されるのです。

技適マーク

技適マーク

海外からの輸入製品は、現地メーカーが日本の市場を意識して製品を作っているわけではないので、この「技適マーク」というものは基本的についていません。

この「技適マーク」のついていない製品は、売ることに関しては罰則などの明確なルールはありません。しかし、使用することによって罰則が発生する可能性があるので注意が必要です。

以下は、何年か前に話題になった「自撮り棒」の例です。

「技適マーク」付いていないと罰金100万円、懲役も

日本でも、こうした自撮り棒は電波法の制限を受けるため適合認証を受けなければならない。総務省によると、一般に使用する無線機のほとんどに「技術基準適合証明等のマーク」(技適マーク)が付いており、そうでない製品の使用は違法になる恐れがあると注意喚起している。具体的には「1年以下の懲役または100万円以下の罰金の対象」となる。

技適マークのない製品の利用が増えれば、知らないうちに他人の通信を妨害したり、ひいては社会生活に混乱をきたすことになりかねないとして、総務省は使用を控えるよう呼びかけている。

引用:https://www.j-cast.com/2014/12/16223410.html?p=all

総務省リンク

まとめ

今回は、ハンドスピナーを通して電波法についてご紹介しました。

現在、政府では2020年のオリンピックに向けて、電波法の規制緩和を進めているようですが、まだまだしっかり整備されているとは言えない状況です。

皆さんも知らぬ間に犯罪を犯していた!なんてことにならないよう、「Bluetooth」機能付きの製品には「技適マーク」がついているか、しっかりと確認しておきましょう。

Bluetoothスピーカーのハンドスピナーも登場!?使用には気をつけよう!
この記事をお届けした
Hand Spinner Tricksの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
今話題のニンテンドースイッチ最新情報はこちらから!
ニンテンドースイッチ(NintendoSwitch)をはじめ、「Nintendo Labo」など任天堂製品のニュースまとめサイトです。 また、スイッチ向けのインディーズ(Nindies)情報や「海外eShop」の情報も多めに、速報としてご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加